FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘液異常分泌

粘液増加の概要

人が風邪をひくと鼻水が出てくるように、魚も具合が悪いときには体表の粘液が増加します。魚の粘液には様々な抗菌物質が含まれているので、病原菌駆除のために増えると考えられます。粘液の増加は、多くの病気で確認されるので、この症状から何の病気かを判断することは難しいのですが、魚から発せられる異常の合図には違いありません。粘液増加を生じやすい病気としては白点病、トリコディナ病、キロドネラ病、ギロダクチルス・ダクチロギルス病、コイペルペスウイルス病などがありますが、これ以外の病気でも粘液増加することはあります。

粘液増加の解説


粘液増加
の原因となる病原生物やその対処方法については、次のところで解説しています。文字をクリックすれば関連リンク先に移行します。

★ブログマガジン
 
Article 31 粘液増加

★アクアライフ
  
アクアライフ 2008年 6月号


粘液増加のケースレポート
 何らかの感染症あるいは水質の悪化などで体表の粘液が増加してしまった
魚を、実際に処置した際の経過と結果に関するレポート(ケースレポート)は、次のところで紹介しています。文字をクリックすれば関連リンク先に移行します。

★ブログマガジン
  Article 43 コリドラスにおける脂鰭と鰓蓋付近の粘液
  Article 44 粘液増加したプラティの治療
  Article 45 コリドラスにおける背鰭の粘質物
  Article 54 キンギョにおける白点症状・粘液増加

★アクアライフ
  アクアライフ 2009年 6月号
  アクアライフ 2009年 7月号
  アクアライフ 2009年 8月号 
  アクアライフ 2010年 5月号
 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。